第13回花たちのおしゃべり展

~花に染まり 花に学ぶ~


2018年6月30日~7月1日

銀座かねまつホールにて

「第13回花たちのおしゃべり展」を開催いたしました。

シックフラワーアレンジメントの特徴でもある自然の風景を切り抜いたような「植生デザイン」や「ネオクラシック」、「モダンなもの」また「自分の心を花に託す」など表現しました。

 

ごあいさつ

株式会社イーアンドエーサロン

シックフラワーアレンジメント

主宰 遠藤悦子

 強い陽ざしのなか、樹々の間を通り抜ける風がいっそう恋しくなる季節になりました。

~いつも美しい花々に囲まれていたい~との思いから花を活けることから始まり、50年の年月が流れました。

 「花の美の表現」が進むにつれて、植生や自然の神秘を尊び、古代からの植物と人との関わりをも追い求めるようになりました。私たちにとって花の存在は生活の一部です。それぞれの思いを花に託して、ロマンティックに組み合わせると、その空間はより一層輝いて、幸せを運んでくれます。

 さて‼この度、3年に一度開催している作品展を、銀座に会場を移し、猛暑のなか、お運び頂きました多くのお客様に少しでも涼やかに癒される空間をと、講師たちとともに花いっぱいの会場を創り、お迎えすることができました。

 お客様のおひとりに『立体的な絵画展』を見ているようで、この作品の中にどんな思い出や伝えたいものが含まれているだろうと考えながら作品を見ました。・・・と嬉しいお詞を頂きました。

 今回の開催にあたりまして無事終了することができましたことは、銀座かねまつホール関係者をはじめ、多くの皆様のご支援を頂きましたことを心より感謝申し上げます。

会場の様子

主宰作品「はるか桃源のかなたで」

講師作品集